2通目「風雅の便り」
花の色はうつりにけりな美容と美学

生と死は対極にあります。美と醜は対極にあります。

 

一般的には健康美が普通でしょう。若くて、生命感、溢れているものが美しい。

しかし、芸術の世界を見るとそれだけではありません。

 

美と死は時に同一のものと語られることも多いのです。

 

動画でご紹介したように

もうすぐ溺死するであろうオフェーリアを描いた絵。

恋する詩人の首を褒美にくれと言うサロメ。

男女が敵わぬ恋を死によって成就させる文楽曽根崎心中の道行の美しさ。

 

死という最も恐ろしく、最も遠ざけたいものを美に結びつけるのでしょうか?

 

色褪せた枯れた花を描いた絵画や写真作品もあり、それらのものは観ると「美しい」と思うものも多くあります。

枯れて色褪せた花をそのまま部屋に飾りたい人はいなくても、枯れた花の芸術作品は美しく感じて高いお金を出して部屋に飾りたくなります。それはなぜなのでしょう?

 

フィルターを通した美

芸術作品は作者の目というフィルターを通して行われた「美」の解釈です。

それと同時に、私たちはそれにかぶせるように自分の「美」の価値観のフィルターを通して作品を見ています。

つまり、実物の枯れた花のうえに、解釈と価値観のフィルターをかけていることで、たとえそれがゴミであっても、部屋に飾りたいアート作品となりえるのです。

芸術作品は創作者と鑑賞者の価値観の創作物ともいえものなのです。

 

枯れた花は絵になった時点で、創作者と鑑賞者の「美」が織り込まれた別の新たな存在物になるのです。

 

 

私たちはさまざまな思い込みで、キレイ、醜いなどを判断します。

その多くは自分が住んでいる文化や経験に影響を受けていて、それらの影響なしにモノそのものを見ることが出来ないのです。

 

特に美容などは肉体に関することであるがために、非常に臨場感がともないます。

また、社会的な要因もあるので、他人との比較やヒエラルキーの基準としても使われます、欲と見栄も絡みます。非常に人間臭い分野だといえます。

 

そういう美容の世界も、多様化の時代となり、肉体的な欠損に対する人々の見方や肉体への評価基準が多種多様になってきました。

パラリンピックや障害を持つ方の活躍や太った人のファッション誌へのモデル起用なども多く見受けられるようになってきました。

 

美容を扱う人の自己完結

「美容」を扱う仕事をしている人は多いです。

美容業界だけでなく、健康産業、ファッション、デザイナー、広告関連、エンターテーメントなど。

そういう人達が様々な「美」を売っています。

 

「美しい」だけでなく、若い、かわいい、カッコイイ、調和、シンプル、華やか、面白い、切ない、わびさびetc.

そう考えると私たちの生活は「美」に囲まれていると言っていいでしょう。

 

 

しかし、私たちは「美」についてあまり考えもしません。

「美」を扱う人々が作り出した目新しい美をただ消費していくだけです。

 

じつは「美」を扱う仕事をしている人も「美の本質は何か?」について考えている人は少ないです。

 

それはビジネスを考えるとお客様の欲求を満たし、売り上げをあげるためと考えると仕方のないことのように思えます。

 

しかし、それは本当にお客様や個人のためになっているのでしょうか?

お客様や個人が欲求するから仕事で作る、宣伝する
   ↓↑
マスコミやSNSに影響されてそういった「美」が欲しくなる

 

本当の美とは何か?私たちが求める美の正体とは?ということではなく、その業界の価値観で自己完結していることが多いです。

 

結局、お互いに作り出したチープな「美」の幻想を消費しつづけているだけです。

そこに多様性や個性や本質などありません。

 

死で浮かび上がる美の輪郭

自分の個性を取り戻し、独自の美を実現するには

大衆化された「美」のループから解放される必要があります。

 

 

そのためには「美」の対局である

 

「醜さ」や「死」に目を向ける必要があります。

 

「死」を意識したときに「生」を強烈に意識するように、

「美」と正反対の「醜さ」について深く知るようになったとき、はじめて「美」のことが深く分かるようになります。

 

そうすることで、美とは正反対のような「醜」「死」というものの中にも「美」を感じてしまう人間の複雑なあり方について考えることができるようになります。

 

そういったテーマをより深く研究しているのが哲学であり、美学です。

フランス語や英語では哲学における美学も美容関係のお仕事も同じエステティックスと表記されます。(英語「aesthetic」仏語「esthétique」)

美を探求することは「人間とは?」「社会とは?」「マスメディアとは?」「情報とは?」「価値とは?」を探求することであり、それは世界の探求へとつながっています。

 

美容という一見、哲学とは関係のないようなテーマのなかにも、人間の業(ごう)の本質が立ち現れているのです。

 

私たちは「美」や「生」を求めながら誰も「醜」「死」から逃れることができません。

そう考えると「醜」「死」は一番切実なテーマであるはずなのですが、生きている私たちは臨場感がありませんし、不吉だとして普段考えることはありません。

 

しかし、

対局にあるものを知ることでその違いが明確になり、「美」や「生」の姿もより明らかになってきます。

 

人間はそれ単体ではその価値を知ることができないのです。

 

ほかに比べるものがあるからその特徴や価値を認識できるのです。

例えばあなたが生まれてから一度も他の人間の姿を見たことが無ければ、自分の身長が高いのか低いのかという判断はできません。

「自分が背が高い」という判断は周りの人間と比べる環境があって初めてできることなのです。

これは「美」の判断でも同じで、他に比べるものが無ければ、それがどれほどのものなのか、理解できないのです。

「死」や「醜」はいわば「美」の姿を映し出す鏡のような存在なのです。

この多様性の時代に対応し、今までにない新しい「美」のあり方を見つけたい方には大きなヒントを得ることが出来るでしょう。

 

 

次回のお手紙のテーマは「美は心ではなく、言葉で感じる」です。

一般的には「美」は感性や心で感じるものだといわれています。しかし、そこには私たちが意識できない構造があり、私たちの認識を支配しています。

「美」の鑑賞に対する哲学的な見方をご紹介します。一般の芸術学、美術の授業では知ることができない知見です。

それでは、次回をお楽しみに。

■「風雅の便り」の内容

一通目「なぜなぜ、どうしての美」
~美学・哲学の立ち位置
二通目「花の色はうつりにけりな美容と美学」
~「生と死」の美の本質
三通目「花と月に美徳を載せて」
~生き方の美徳と貢献について
四通目「美は心ではなく、言葉で感じる」
~感性と言語システムの関係について
五通目「美学を人生や仕事を変える道具に変える」
~美学の実践について

(一挙に読みたい方は上記のリンクをクリックすればご覧になれます。理解を深めるため順番通りにお読みください。)