5通目「風雅の便り」

美学を人生や仕事を変える道具に変える

 

美学は実社会には役に立たない学問、ただの空論だ、趣味の領域だというのが一般的な考え方でしょう。

たしかに、美学を学んでも、

  • 絵がうまくなるわけでもありません
  • 仕事のノウハウを得られるわけではありません
  • 学問や技術の資格を得られるわけでもありません

 

私自身も普通に美学を学んでも仕事には役に立たないと思います。

しかし、それは学び方を変えれば違ってきます。

つまり、「どう学ぶか」が重要なのです。

私が主宰する「麗知塾」では下記のことを重視してます。

 

まず第1に必要なのは学ぶ内容と質です。

美学も一般大衆向けや子供向けにすれば、「キラキラ、綺麗であればそれも美学だよ!」とお茶を濁して済みますが、そういうレベルの美学の学びでは人生や仕事を変えていくことは出来ません。

現実社会やビジネスはそんなに甘いものではありません。

現実はキラキラ、綺麗でなんとかなるようなものではないことは、あなたのほうがよくご存じでしょう。

 

大人として人生や仕事に活かしたいなら、抽象度の高い美学を学ばないと無理です。

 

そして、今までお話してきた通り、すべての学問の根本的な質を探求しているのが哲学です。

哲学の一分野である美学を学ぶには哲学の要素は必須です。

 

そして、哲学は学問だけでなく自然科学、医学、思考、心などを探求しており、現代では他の分野を横断する学問(リベラルアーツ)として重視されてきています。

 

東京大学でも、文部科学省の公式文書でも哲学を中心にしたリベラルアーツの重要性が提言されています。

 

また、今後の日本の教育は専門性と同時に他分野と連携し、広い視野で研究していくべきだとしています。

実際、2022年の大学入試は自分で問いを考え、自分で答えを出すという総合的な思考力が必要となる問題が増えました。

 

 

このように、国の政策が学校教育を動かし、そこで学ぶ日本人の考えかたや文化に影響を与えていきます。

それにより、必要とされる人材も変化していきます。

 

 

私が所属する東京官学支援機構では東京大学、東京藝術大学を支援し、情報提供もいただいておりますし、他にも文部科学省の報告者などの情報が入ってきます。

また、海外に比べて遅れている日本の学術研究のデータベースの構築にも着手しています。

これは今まで行っている大学や国の学術団体への寄付活動にくわえて行っている事業です。出来上がったデータバンクは将来的には国の教育機関に贈呈することにしています。

そういった意味で民間でリベラルアーツのコンテンツを提供している他団体とはまったく別次元の圧倒的に上位の情報が手に入ります。

また、私たちは国の未来のために貢献することを目的としています。口先だけでない行動で示していきたいと考えています。

また、このような活動は大学の事務局、先生方、ビジネス関係者から高い評価をいただいています。

まさにそこで行き交う情報は未来を読む羅針盤といえるでしょう。

 

 

第2に学ぶ人の受け取り方のチェックです。

美学や哲学は目に見えない物を扱っています。

目に見えるものや答えが決まっているものであれば、自分が正しく受け取っているかが分かります。

 

しかし、目に見えない物は自分では正しく受け取っているつもりでも、勝手な解釈でゆがめて受け取りがちです。

そうすると、いくら質の良いコンテンツがあっても、知らず知らずに、枝葉の事柄なのにそれを本質だと思い込んでしまう間違いを犯してしまいます。

 

これを防ぐには、自分一人では無理です。

ですから、例えば自分で研究テーマを見つけて自分で答えを出していく大学院では教師と生徒が対話をしながら学びを深めていくのです。

私自身も「東京リベラルアーツクラブ」にて、メンバーとともに双方向のアクティブラーニングで哲学や美学を学んでいます。

そして、そこではインプット以上にアウトプットを重視されています。

それは学ぶだけでは日本に貢献するには不十分だからです。多くの人に人文知の重要性を伝えていくためにみなで研鑽しています。

 

 

第3に、仕事に活かすなら、美学だけでなくビジネスの経験がある人から学ばないと応用は難しいです

これも当たり前ですが、美学や哲学を学べばビジネスがうまくいくというわけではありません。

もしそうなら、世の中の美学者・哲学者はすべてビジネスマンとして成功するでしょう。

しかし、そうはならない。それは、学ぶだけ、研究することとそれをどう仕事に活用するかはまた別問題だからです。

つまり、

重要なのは美学という机上の空論を実業にどのように落とし込むかです。

ある意味これができれば、どの分野の仕事であっても、いくらでも他者との差別化ができますし、オリジナルのアイデアなどは無限に作れます。

 

ビジネスといっても会社員ではなく、自分の采配で仕事をしている人でなければ意味はないでしょう。

組織の中では組織の論理で物事が動いていきますが、社会や世界はもっと混沌としたものですから。

 

また、仕事だけでなく

人生の悩みや問題も、問題自体を消すことが可能となります。

 

それを「問題である」と判断しているのは人間です。

広い視野と高い視点で物事を見ることができるようになれば、「問題だ!」と思っていたことが実はたいした事がないとか、実は別の事柄のほうが重要だったということが解るようになります。

そして、社会の裏側や仕組みがあからさまに見えるようになるので、つまらない物に騙されたり、影響を受けたりすることなく、方針を立てることができるようになります。

 

これまでいろいろ仕事に美学や哲学をどう落とし込むかをお伝えしてきましたが、最後に言いたいのは

 

本当は美学・哲学というものは

仕事に役立つか?という基準で判断されるようなチープなものではないということです。

 

美学・哲学を仕事に役立てようとすれば、それは可能です。しかし、それは可能性の一つでしかありません。

美学・哲学に代表される人文知はビジネスや経済面という狭い判断基準で評価しきれないものです。もっと大きな枠組みのもので、より価値があるものです。

 

私自身、美学・哲学・芸術を学び続けたのは仕事に役立てるためではなく、純粋にもっと世の中のことを知って、私が理想とする人間に近づくためです。

どういう人間像を理想とするかは人それぞれでしょうが、私は人文知を学ぶことで、様々な人間の生きざまを知ることができましたし、世界の素晴らしさを知ることができました。

それこそ本当の教養であり、自分の人格を高めることになると思っています。

そういった物の見方や価値観が私の人となりを形づくり、それが巡り巡って仕事の人間関係や信頼へと確実につながっています。

 

 

ですから

実は「仕事に役立てよう!」と最初から思わなくてもいいのです。

美学・哲学を学んでいけばいつの間にか芸術や文学、科学、政治、経済のことも興味を持てるようになりますし、より深く理解できるようになり、あなたの人格、人柄も高まります。そうすれば、必ずそれは仕事の成果に結びついてきます。

逆に言うと、これほどの情報社会になれば、あなたがどんな仕事をしていようと、最後は「どういう人間であるか」という差別化でしかないと考えています。

この世にあなたが一人しかいない以上、あなたが磨き上げた見識や人格は世界にただ一つの唯一無二のコンテンツとなります。

 

今回で「美」を知るうえで前提となることを書いたお手紙は終わりにいたします。

今後は間隔をあけながら、さまざまな「美」の周辺についてお手紙を出していきます。

他にもお知らせや有意義な情報があれば随時お伝えしたいと思います。

「美」について。もっと学びたい、自分の仕事や人生に応用していきたい方には私が主宰する「麗知塾」をご案内しています。ご興味がありましたらご一読ください。